般若心経とface bookと嵐山。

user-pic
0

みなさまコンニチワ!
昨日をもって、GWが終わりました。
Golden Weekは、字のごとく素晴らしい日々となりました。
OPENした結庵のゲストの方々含め、
多くの新たな出逢い、そしていつもの仲間との集い、
ほんとに楽しい楽しい大型連休でした^^!
有難うございました!!

本日のmusubiは、
またまた通常の(汗?)musubiに戻っております^^;
嵐山も平常の静けさを取り戻しております。

ご主人さま(ヒラリン店長)は、鯖街道レースに向けて明日から走る気マンマン!
番頭さま(おがちゃん)は、大悲閣に写経に出掛けて行きました。
そんな中、コースケくんはnewアルバムの仕上げにピリピリモード。
ミナミは就職活動に勤しみ、ダイキはサボった勉強のため休日登校。
ジャネットは古巣人力車の車夫に声援をおくり、よっさんは電池切れの電動アシスト自転車で鍛えてます。
シリュウは・・・・・・「ちゃんと勉強せえよ!」と常連さんにハッパをかけられつつも、
スタッフからは「おやつヌキ!」指令をうけてショボボーン(涙)
そんなみんなを見ながら「ほんま、どいつもこいつも…」とぼやいてる番長よしこ。

てな具合に、
急に静かになった嵐山で各々がそれなりに相変わらずでございます^^

おがちゃんが写経に行ったということもあり、
意外と皆さんも知っているようで知らない、
「般若心経」の訳を載せてみたいと思います。

ワタクシは世界中の人々が
「相対性理論」と「般若心経」を理解した時、
とてもシアワセなことが起こると信じています^^☆
(言わんとするメッセージは同じに思えるのです^^!)


「般若心経」の訳

私はこのように聞いています。
お釈迦様が大勢の出家した弟子達や菩薩様達と共に王舎城の霊鷲山にいらっしゃった時、
お釈迦様は深い悟りの瞑想に入られました。
その時、観音さま(観自在菩薩)は深淵な“智慧の完成(般若波羅蜜多)”の修行をされて次のように見極められました。
人は私や私の魂というものが存在すると思っているけれど、
実際に存在するのは体、感覚、イメージ、感情、思考という一連の知覚・反応を構成する5つの集合体(五蘊)であり、そのどれもが私ではないし、私に属するものでもないし、またそれらの他に私があるわけでもないのだから、結局どこにも私などというものは存在しないのだ。
しかもそれら5つの要素も幻のように実体がないのだと。
そして、この智慧によって、すべての苦しみや災いから抜け出すことができました。
お釈迦さまの弟子で長老のシャーリプトラ(舎利子)は、観音様に次のように尋ねました。
「深淵な“智慧の完成”の修行をしようと思えば、どのように学べばよいのでしょうか?」 
それに答えて、観音様はシャーリプトラに次のように説かれました。

「シャーリプトラよ、体は幻のように実体のないものであり、実体がないものが体としてあるように見えているのです。
体は幻のように実体のないものに他ならないのですが、かといって真実の姿は我々が見ている体を離れて存在するわけではありません。
体は実体がないというあり方で存在しているのであり、真実なるものが幻のような体として存在しているのです。
これは体だけでなく感覚やイメージ、感情や思考も同じです。
(つまり、私が存在するとこだわっているものの正体であるとお釈迦様が説かれた「五蘊」は、小乗仏教が言うような実体ではありません。)
シャーリプトラよ、このようにすべては実体ではなく、生まれることも、なくなることもありません。
汚れているとか、清らかであるということもありません。迷いが減ったり、福徳が増えたりすることもありません。

このような実体はないのだという高い認識の境地からすれば、体も感覚もイメージも連想も思考もありません。
目・耳・鼻・舌・皮膚といった感覚や心もなく、色や形・音・匂い・味・触感といった感覚の対象も様々な心の思いもありません。
目に映る世界から、心の世界まですべてありません。
(つまり、お釈迦様が説かれた「十二処」は小乗仏教が言うような実体ではありません。)
迷いの最初の原因である認識の間違いもなければ、それがなくなることもありません。
同様に
迷いの最後の結果である老いも死もないし、老いや死がなくなることもありません。
(つまり、お釈迦様が説かれた「十二縁起」のそれぞれは小乗仏教が言うような実体ではなく生まれたりなくなったりしません。)
苦しみも、苦しみの原因も、苦しみがなくなることも、苦しみをなくす修行法もありません。
(つまり、お釈迦様が説かれた「四諦」のそれぞれは小乗仏教が言うような実体ではありません。)
知ることも、修行の成果を得ることもありません。また、得ないこともありません。

このような境地ですから、菩薩様達は“智慧の完成”によって、心に妨げがありません。
心に妨げがないので恐れもありません。誤った妄想を一切お持ちでないので、完全に開放された境地にいらっしゃいます。

過去・現在・未来のすべての仏様も、この“智慧の完成”によって、この上なく完全に目覚められたのです。

ですから知らないといけません。
“智慧の完成”は大いなる真言、大いなる悟りの、最高の、他に比べるものもない真言であり、
すべての苦しみを取り除き
(取り除く真言であり)、偽りがないので確実に効果があります。
さあ、“智慧の完成”の真言はこうです。

「ガテー ガテー パーラガテー パーラサンガテー ボーディ スヴァーハー」
(智慧よ、智慧よ、完全なる智慧よ、完成された完全なる智慧よ、悟りよ、幸あれ。)

シャーリプトラよ、深淵な、“智慧の完成”の修行をするには、以上のように学ぶべきなのです。」
この時、お釈迦様は瞑想を終えられて、「その通りです」と、喜んで観音様をお褒めになられました。
そして、シャーリプトラや観音様やその場にいた一同をはじめ、世界のすべての者達はお釈迦様の言葉に喜びました。

以上で“智慧の完成”の神髄の教えを終わります。



追伸
みなさん、Face Bookのアカウントはお持ちですか!?
musubi-cafe結庵わたぼうし、のファンページがありますので、
ぜひ覗いてみてくださいね^^/
「いいね!」ボタンをポチッとしてね^^/
イベントの写真等ダウンロードできますよ♪

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://m01.cmng.info/mt-tb.cgi/3147

コメントする

このブログ記事について

このページは、peachが2011年5月 9日 14:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夢を阻むもの。」です。

次のブログ記事は「走るようになってわかったこと。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。